Date fm

  • HOME

伊達な亘理 ~まるごとレディオ~ 毎週火曜日 12:30~12:55

トップに戻る

【12月31日】~亘理町の一年を振り返る~


みなさん こんにちは!
パーソナリティの遊佐晃章です。


今日は大晦日!2013年も今日で終わりですね。
我が家では、毎年大晦日は、午後から年神様を迎える準備をし、
紅白を見ながらあっという間に時が過ぎて、新年を迎えるって感じなんですよね~。
皆さんのところでは、どうですか?

しかし、忘れちゃならないものといえば・・

年越し蕎麦!

一般的に「今年の厄を切る」意味や「細く長く生きられるように」と食べられていますよね。

今年の 年越し蕎麦 におすすめ!なのが"復興亘理そば"

亘理町・山元町の被災農地で栽培した蕎麦で作ったお蕎麦で、
そば粉3割を使った田舎そば風。新そばの豊かな風味が堪能できるんですよ!
本日31日まで、県内の生協で販売されているということなので、これから準備する方!いかがでしょうか?

さて、今回の番組では、亘理町役場から企画財政課 副班長 久保 昭裕さんと
商工観光課 主事 大友 秀之さんをスタジオにおこし頂いて、亘理町の1年を振り返りました。


IMG_7656.JPG
写真右から、企画財政課の渡邉さん、久保さん、商工観光課の大友さん

最初にお話をお聞きしたのは、企画財政課の久保さん。

亘理町の1年を振り返り、
災害公営住宅の造成、長瀞小学校、荒浜中学校の復旧工事の進捗など復興についてお話をお聞きしました。
なかでも印象に残ったお話は、以前番組でもご紹介した【いちご団地】で、初めていちごの出荷がされたことです。
農家の皆さんが震災を乗越え、栽培方法に不安を抱えながらも
"いちご"が育てられる喜びを感じている、というお話が胸に刺さりました。

続いては、商工観光課の大友さん

亘理町のイベントについてお話をお聞きしましたよ。
7月の「A級グルメ あらはまカレイフェスティバル」をはじめ「はらこめし味くらべ」、
「元祖はらこめし満喫スタンプラリー」など
それぞれ、出店などは、震災前の店舗数に戻りつつあり、
来場者数も年々増加しているそうで、このことからも亘理の元気さが伺えますね。

これからの旬は、ほっき飯といちご! 足を運んで、美味しい亘理をご堪能下さいとおっしゃっていました。
そして、そして、来年3月に行われる「伊達な亘理まるごとフェア」は、
亘理の魅力をまるごと楽しめるイベントですので、ぜひご来場下さいとのことでした。
番組でもご紹介したいと思っていますので、お楽しみに!


番組が始まった4月頃の亘理は、瓦礫を積んだ大型のダンプカーが町中を行き来していましたが、
最近は、その数が減ってきているのを感じますね~。
今回、お二人のお話をお聞きして、亘理町の復旧・復興が進んでいることを改めて感じました。


私達番組スタッフも、食のイベントに参加して、美味しいもの食べたり、人とふれあう中で、
亘理の魅力、人の温かさを感じました。
来年も亘理に暮らす皆さんに寄り添いながら、亘理の魅力をお伝えしていきます!


番組にお付き合い頂いた皆さん ありがとうございました。
次回の放送は、来年1月7日 火曜日お昼12時からです。
みなさん 良いお年を!!

遊佐晃章記