Date fm

  • HOME

白石よござりす月曜日 12:00~12:55

白石市の観光、イベント情報、お昼にぴったりなランチの話題を中心に、
パーソナリティー 船越理香、リポーター 山家萌がご紹介!
元気な児童の声をお届けする「白石キッズボイス」、
白石のコンシェルジュ「おみっちゃん」のコーナー、
白石市観光大使ニホンジンンのコーナー「今月のニホンジン」もお楽しみに!!
毎週豪華なプレゼントもありますよ。
皆さんからのメッセージ お待ちしています☆
メールはこちら→sy@datefm.co.jp

『寒ざらしそば』明日から提供スタート☆


こんにちは!
リポーターの山家です。

3月17日の放送では、「手打ちそば処 小原なごみ茶屋」
明日から提供が始まる『寒ざらしそば』をご紹介しました☆

20160317nagomigaikan.jpg
【 手打ちそば処 小原なごみ茶屋 】 

東北自動車道白石ICから、国道113号線を七ヶ宿方面に車で約20分。
白石市小原の名勝材木岩公園内にあり、
平成15年の3月にオープンしてから今年で13年目になります。

お店は古民家風の木造平屋の建物
木のぬくもりが感じられる落ち着いた店内で、
6人掛けのテーブル席が3席とカウンター席があります。
そのカウンター席には格子窓があり、国の天然記念物である
「材木岩」
をはじめ、素晴らしい景色を眺めながら
本格手打ちそばや白石温麺を頂くことが出来るので、
観光客やリピーター、さらに外国人のお客さんが訪れ賑わっています☆

20160317tennai1.jpg
【 店内 】


お話を伺ったのは、店主の佐藤 幹朗さんです。

20160317mikirousan.jpg
【 佐藤さん 】


◆寒ざらしそばとは・・
秋に収穫したそばの実を冬の厳寒期に冷たい水に数日間浸した後、
引き上げ、寒風に当てて乾燥させた、
この時期しか食べられない特別なおそばです☆
冷たい清流にさらすことでアクが抜け、甘みが際立ちます!

白石では毎年、大寒の時期に、みやぎ蔵王白石スキー場近くの川の上流に、
網袋に入った4,000食分のそばの実を約2週間浸し、
立春に引き上げ作業を行います。

.

佐藤さん:毎年この時期になると県内の方はもちろん、
      岩手や福島など他県の方も大勢いらっしゃいます。
      先日も「寒ざらしそばの提供はまだですか?」という問い合わせも頂きました。
      今年は暖冬でしたが、大寒から立春の間は寒い日が続き、
      アクが抜けて甘みのある寒ざらしそばに仕上がっています!
      例年と変わらず美味しいおそばが出来ました!

20160317sagyou.JPG

店主の佐藤さんが自信を持ってオススメする『寒ざらしそばセット』
特別に頂いてきました!!!


20160317soba1.jpg
【 寒ざらしそばセット 1,300円 】

寒ざらしそば、天ぷら、そばはっと汁、お新香が付いています☆
今回の天ぷらは、たらの芽、ふきのとう、しめじ、さつま芋、カボチャと、
春を感じられる食材を頂きました♪

また、「寒ざらしそば」の提供期間中は「二八そば」との食べ比べが出来ます!
その場で違いが分かるのは凄く嬉しいですよね♪
おそばを並べて見ると一目瞭然!!!
色が白っぽい「二八そば」に対し「寒ざらしそば」は色が濃いです!

20160317sobahikaku2.JPG
【 写真奥が二八そば、手前が寒ざらしそば 】

また、タレを浸けず、そのままおそばを頂くと違いがよく分かるのですが、
「寒ざらしそば」は凄くのど越しが良いです!
佐藤さん曰く、「寒ざらしそば」は冷水に浸しているので、
コシが感じられにくいと仰っていましたが、
なごみ茶屋寒ざらしそばは、麵が細いにも関わらず、
とてもコシがあると思いました。
おそば本来の甘みも感じられて本当に美味しかったです☆

「天ぷら」と「そばはっと汁」も絶品でした!
天ぷらは、1つ1つとても大きくて食べ応えもありサックサク♪
春の食材であるタラの芽とふきのとうの独特のほろ苦さが
美味しくて箸が止まりませんでした!

「そばはっと汁」は、そば粉のすいとんのようなもので、
人参、大根、鶏肉と具沢山☆
鶏の出汁がしっかりときいていて美味しいですよ!

全て大変美味しくて、遠方から足を運ばれるのも納得です!

◆寒ざらしそばセット (天ぷら・そばはっと汁付き)1,300円 
◆寒ざらしそば 単品900円

【提供期間】2016年3月18日(金)~1,000食限定!
無くなり次第終了!

お越しの際は、予めお電話でお問い合わせ下さい。

また、お隣には江戸時代中期の屋敷を移築・復元した、
かやぶき屋根の「県指定有形文化財 検断屋敷」も併設されており、
中には囲炉裏もあるので雰囲気抜群です!
20160317kendan.jpg
【 検断屋敷 】

その検断屋敷の中でも、なごみ茶屋のおそばを頂くことが出来ます☆
100名の団体様でも対応出来る広さとなっています。
お一人様はもちろん、ご家族やお友達とゆっくり過ごせます。

佐藤さん:小原なごみ茶屋では、雄大な材木岩を眺めながら
      本格的な手打ちそばをお召し上がり頂けます。
      これからは桜もキレイですので、是非お越し下さい。
      スタッフ一同お待ちしています。
20160317zaimokuiwa.JPG
【 材木岩 】

====================================

< 手打ちそば処 小原なごみ茶屋 >
住   所:〒989-0200 白石市小原字上台39-7
アクセス:東北自動車道白石ICから国道113号線を七ヶ宿方面に車で約20分
営業時間:午前11時~午後3時
定 休 日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
電話・FAX番号:0224-29-2760


【 メニュー 】
・なごみセット(ざるそば・天ぷら・そばはっと汁) 1,200円
・十割そばセット(ざるそば・天ぷら・そばはっと汁・漬物) 1,300円
・ざるそば(二八そば) 800円
・天ぷらそば 850円
・手綯い温麺セット 1,000円
・天ぷら温麺 850円

単品
・そばがき   300円
・そばはっと汁 300円

ほか

『東北ずん子 第七章 ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリー』開催♪


こんにちは!
リポーターの山家です。

3月10日の放送では、3月12日(土)から白石市内を中心に開催される、
『東北ずん子 第七章 ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリー』について、
東北ずん子スタンプラリー実行委員会 会長の田中健一さんにお話を伺いました☆

20160307tnk2.JPG
【 田中さん 】

田中さんと言えば、全国で初めて「初音ミク」をラッピングしたタクシー
「痛車」ならぬ「痛タク」の運転手として何度か番組にご登場頂いております♪

20160303zunko1.png
◆東北ずん子とは・・
「ずんだ」をモチーフにした美少女キャラクター
17歳の女子高生☆東北地方の復興を願って誕生しました!
東北6県の企業であれば、
イラストを無料で商用利用出来ます


見た目もとても可愛らしいキャラクターですが、田中さん曰く、
ずん子ちゃんの健康的な太ももも人気の一つだとか!?

.

そして、商用利用できるということで白石市内では、
ずんだを練りこんだ『ずんだ温麺』や、
ずん子ちゃんのラベルを貼ったものなど数多くの商品があります☆
20160310zunko-u-men-and-kome.png
【 写真左:東北ずん子×きちみ製麺 『ずんだ温麺』
  写真右:東北ずん子×小十郎の郷 『小十郎の郷米』 】

また、ずん子ちゃんのイラストがラッピングされた、
市民バス「きゃっするくん」やタクシーも走っています!

白石に訪れた際は是非、ご利用下さい☆

.

さて、『東北ずん子スタンプラリー』は、2013年から過去6回、
白石市を中心に開催され、回を重ねるごとに参加者が増え、今までで、
全国各地から延べ約1,600人の方が参加されています。

若い男性はもちろんのこと、お子様を連れた家族や、
お孫さんと一緒におじいちゃん・おばあちゃんがスタンプラリーに参加されるなど、
男女問わず幅広い世代の方が参加される大人気イベントです。
今では、海外からの参加者もいらっしゃるそうですよ☆

実はこのスタンプラリー、スタンプ設置店によってスタンプの絵柄が違うので、
参加者から「全部集めたい!」といった反響と共に、
「次回の開催はいつですか?」といった問い合わせも多く頂いたそうで、
東北ずん子スタンプラリーの人気が感じられます。

.

そして、今回のスタンプラリー開催に向けて
約1ヶ月間クラウドファンディングが行われました。

◆クラウドファンディングとは・・
インターネットを通じで不特定多数の人から出資金を募る事。

当初の目標金額は50万円に設定されていましたが、
なんと開始3日で目標金額を達成!!!
1ヶ月で目標金額を大幅に上回る72万3,000円が集まり、
今回のスタンプラリーの開催が決定!!!
さらに、スタンプラリーをもっともっと盛り上げる為、皆様からの協賛金をもとに、
市民バス「きゃっするくん」の回数券「きゃっする券」のデザインが
東北ずん子ちゃんになって登場することになりました☆

こちらも楽しみですね♪


◆今回のスタンプラリーの内容とは・・
20160310skrznk3.png

今回は、『ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリー』ということで、
ずん子ちゃんが探偵の格好をしています♪
これまでのスタンプを集めて景品と交換するイベントだけではなく、
新たに謎解きも加わりました!

< 東北ずん子 第七章 ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリー >
開催期間:3月12日(土)~4月26日(火)
白石駅構内観光案内所営業時間:午前9時~夕方5時
お問い合わせ:東北ずん子スタンプラリー事務局

電話:0224-26-2070
HP
http://fuboh.jp/zunko///index.html?id=90

◆スタンプラリーの参加方法&遊び方
①スタンプカードを手に入れます!
カードはJR白石駅構内観光案内所とスタンプ設置場所(各店舗)にあります。
どこからスタートしてもOK!

②スタンプ欄の数字と同じ数字のスタンプを押しましょう。

③白石市内のスタンプ設置場所には、
「桜だより」の場所を示すヒントがあります。

④「桜だより」を見つけたらスタンプカードに文字を記入しましょう。
「桜だより」は、全部で3つあります。

⑤スタンプを3つ以上集めるか、「桜だより」を全部集めたら
白石市観光案内所に行って特典と交換しましょう!

スタンプは3個、9個、12個、そして桜だより完成の4つの
特典と交換出来ます!
全部達成すると認定証がもらえます☆


◆スタンプ設置場所
白石市
①スズキミート ②ももの木 ③ドルフィン ④壽丸屋敷
⑤やなぎや ⑥神明社 ⑦きちみ製麺 ⑧大庭スポーツ
⑨丸慶園 ⑩朝文堂 ⑪小十郎の郷 ⑫弥治郎こけし村
仙台市
⑬コワーキングスペースmag ⑭黄金食品 ⑮EBeanS


さらに今回新たに白石市内の老舗お茶屋さん「丸慶園」
文房具店「朝文堂」がスタンプラリー設置店に加わりパワーアップ!

スタンプの絵柄は参加店舗に因んだずん子ちゃんモチーフのデザインなので、
今回もどんなデザインになるか楽しみですね!

そして謎解きイベントですので、
「桜だより」の場所がどうしても分からない時は、
スタンプ設置店の人に聞いて地元の方との触れ合いも楽しんで下さい!


田中さん「私が思う白石の一番の魅力は、気持ちの温かさです。
     白石の方は温かい方が多いので、このスタンプラリーで
     地元の方々と触れ合い、魅力を感じて頂き、
     白石のファンになって下さいね。
     沢山の皆さんのご参加お待ちしています!
     また、スタンプラリーで楽しんだ後は、白石が誇る
     歴史ある温泉街「小原・鎌先温泉」のお湯で癒されて下さいね♪」

====================================================================

< ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリータイアップ企画 >
第4回 ずん子ちゃんの歌声商店街
開催期間:3月12日(土)~4月26日(火)
ずん子ちゃんとその仲間たちの歌声が商店街に流れます♪

☆3月10日の番組プレゼント☆

3月10日放送の番組プレゼントは、こちら!!


16-3-10-zunko-paka.png

東北応援キャラクター 東北ずん子

【公式ロゴ入りずん子パーカー】 Lサイズを1名様にプレゼント☆

黒地にずんだをモチーフにした公式ロゴがあしらわれたジャージ!
これを着て、『東北ずん子 第七章 ずん子の桜だよりを探せ!スタンプラリー』への参加、
お待ちしています☆


プレゼント希望の方は、
住所・氏名・電話番号・番組の感想・プレゼント希望を明記の上、
番組アドレス sy@datefm.co.jp FAX 022-711-9555 までご応募下さい。
番組終了までお待ちしています!

=======================================

【公式ロゴ入りずん子パーカー販売場所】

■有限会社大庭スポーツ

◆住 所:白石市字中町35-1
◆電 話:0224-25-2072

公式ロゴ入りずん子パーカー サイズ展開 M・L・XL


東日本大震災から明日で5年-白石市の様々な災害に対する取り組みー

こんにちは。船越です。

3月10日の放送では、白石市で行われている防災・減災対策について、

スタジオに、白石市民生部 生活環境課 交通防災係長の斎藤 貴之さん
主事の大槻 悠人さんをお迎えし、お話を伺いました!

20160310so1.JPG
【写真左から斎藤さん、大槻さん】


◆東日本大震災の発生から5年が経過しようとしています。
 番組ではこれまで、白石市の様々な災害に対する取り組みについて
 ご紹介してきましたが、改めてどのようなものがあるのか教えて下さい。

斎藤さん:未曾有の大災害を引き起こした東日本大震災を経験し、その時経験したことを生かすため、
       様々な取組を行っております。
       まずは、各地区持ち回りで実施しておりました総合防災訓練を全地区で実施した他、
       地域防災計画の見直しと併せて、防災マップの作成をしました。

16-3-3-bousai-map.JPG
【白石市防災マップ】

       そして、防災拠点として、白石市役所の敷地内に、
       2階建ての白石市防災センターを建設しました。
       こちらでは、水や食料などの備蓄品の計画的な整備、
       安否確認フラッグの配布
       FM仙台をはじめとする、民間事業者との防災協定の締結などを
       積極的に行ってまいりました。
       今後も災害に備えるべく、総合防災訓練の継続的な実施や、
       各種備蓄品等の整備を進めていきます。
       なお、平成28年度は水道断水時に備え、飲用水袋の備蓄を行います。


16-3-3-anpi-flag.png≪安否確認フラッグ≫
長さ60cm、幅10.5cm程の黄色い旗。

震度5弱以上の大規模な地震や災害が発生した際に、
玄関のドアノブや軒先に掲げることで、
家族が無事であることを知らせることが出来るフラッグ。
 
掲げていないお宅を
重点的に捜索・巡回する
 ことで、
人的被害の早期発見に繋がり、
安否確認を速やかに行うことを目的
 に、
昨年5月に白石市内の全戸に配布。


                                     ◆先程お話にありました「白石市防災センター」ですが、改めてこちらの役割についても教えてください。


大槻さん:東日本大震災の大きな揺れにより、白石市役所 本庁舎のダメージが大きく、
       余震の影響もあったことから、本来3階の会議室に設置すべき災害対策本部を、
       1階ホールに設置せざるを得ませんでした。
       そのような経験から、災害時の拠点とすべく防災センターを一昨年建設いたしました。
       なお、防災センターは、災害対策本部として使用されるほか、
       備蓄倉庫や無線司令室が設置され、停電にみまわれても
       太陽光発電による非常用蓄電池と、LPガスを使用した非常用発電装置により
       必要な電源が供給され、
       災害時の防災拠点として、被害状況の収集や対応策の検討、
       各関係機関との情報伝達、市民の皆さんへの情報発信などを行うことができます。

fff.png
【写真左:白石市防災センター/写真右:備蓄倉庫内】


◆市民の皆さんへの情報発信にはどのようなものがあるのでしょうか?

斎藤さん:情報発信手段の一つに「しろいし安心メール」があります。
       こちらは、災害時は気象情報や避難勧告等の発信
       平常時でも火災情報や防犯情報、市からのお知らせの発信を行うものです。
       登録方法は、広報しろいしの最後のページや、
       白石市のホームページに掲載していますので、
       市民の皆さんや白石に通勤・通学されている方は、是非登録をお願いします。

       【登録方法はこちら⇒ http://www.city.shiroishi.miyagi.jp///index.html?id=90
        (HP一番下の◎いざという時に⇒しろいし安心メールをクリック)

20160310bousai6.JPG

*~・~*~・~*~・*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・*~・~*~・~*~・~*


◆今後はどのようなことを行っていく予定ですか?また、課題はどんな所ですか?

大槻さん:今後も様々な災害に備えるべく、白石市総合防災訓練の実施や備蓄品の整備、
       地域の防災リーダー育成のための防災指導員養成講習会の開催など、
       防災力の強化に努めて参ります。
       それと共に、地域防災力の強化も重要であると考えています。
       その中心となるのが、消防団の皆さんです。
       東日本大震災の際も、消防団の皆さんは、地域の巡回や被害調査、避難者の誘導など、
       自らも被災者であるにもかかわらず昼夜を問わず活動いただきました。

16-3-3-shoubhoudan.JPG
【総合防災訓練の様子】

       しかしながら、近年、白石市だけではなく、全国的に消防団員の数が減少しています。
       地域防災力の強化には消防団員の活動が必要不可欠です。
       また、消防団と聞くと男性がやるものと思われがちですが、
       女性も消防団員として活躍いただけます。
       実際、宮城県内では450名ほどが女性消防団員として活動しています。
       少しでも興味のある方、やってみたいと思う方は、
       お気軽に最寄りの消防署にお問い合わせください。


◆最後にラジオをお聴きの皆さんにメッセージをお願いします。
 
斎藤さん:白石市民の皆さんはもちろん、ラジオをお聞きの皆さんにもお願いです。
       近年、地震に限らず、大雨や暴風などの様々な災害が日本全国で発生しております。 
       特にゲリラ豪雨などは短時間で大きな被害をもたらす危険があります。
       日頃から防災マップでご自宅や職場周辺の危険な箇所を確認したり、
       万一災害が発生した際の避難所や避難経路をあらためて確認
するとともに、
       ご家族の中でも緊急時の連絡先や行動、集合場所などをもう一度話し合うなど、
       普段からご準備をお願いします。
       また、災害発生時や災害が予想されるときは、テレビやラジオ、インターネット等で
       積極的に情報の収集に努めて頂ければと思います。
       避難勧告などが発令されていない場合でも、不安や危険を感じたら、
       家の中で安全な場所に移動するか、家族や知人の家などに自主的に避難してください。

       早め早めの避難を心がけ、自分の身の安全は自らで守ることを最優先に行動してください。
       よろしくお願いします。


真田家ゆかりの街 秋田県由利本荘市のイベント情報ご紹介☆ 

こんにちは。船越です。

3月3日の放送では、「みちのく真田ゆかりの地観光振興協議会」の連携都市、

真田幸村公の五女 御田の方が嫁いだ、秋田県由利本荘市で開催中のイベント、

「由利本荘ひな街道」について、

由利本荘市観光文化振興課の佐々木 彩さんにお電話でお話を伺います。


◆「由利本荘ひな街道」とは、どのようなイベントなのでしょうか?由利本荘市地図.png

佐々木さん:由利本荘市は、江戸時代に
       本荘藩・亀田藩・矢島藩の3つの藩があり
       それぞれに城下町が発展しました。
       「由利本荘ひな街道」では、
       その城下町に古くから受け継がれてきた
       歴史あるお雛様を
       市内の資料館と美術館に展示をし、
       皆様に春を感じて頂くイベントでございます。


16-3-3-bukeyasiki.png【城下町の街並みが残る由利本荘市内】


◆市内の資料館や美術館で様々なお雛様を見ることが出来るということですが、
佐々木さんのオススメを教えて下さい。

佐々木さん:私のオススメのお雛様は本荘郷土資料館に展示されている本荘藩主の娘 
       賀子(よしこ)様のお雛様です。
       こちらは第11代 本荘藩主が娘である賀子様の結婚の際にお祝いとして贈ったものです。
       お雛様のお顔立ちが、とても優しく、大きさも11cmという小さく可愛らしいお雛様です。

賀子様 お雛様 .png


佐々木さん:続いて矢島地域のお雛様をご紹介したいと思います。
       矢島地域には小番(こつがい)家の古今雛がございます。
       こちらは娘さんが秋田から酒田へと継いだことから、
       矢島の小番家が引き取ったものだそうです。
       小番家の古今雛の五人囃子の目にガラス玉がはめ込まれていて、
       表情も豊かでございます。


       次に岩城地域は亀田城佐藤八十八美術館と、
       史跡保存伝承の里 天鷺村(あまさぎ)の2ヶ所でお雛様を展示しております。
       こちらでは押絵雛という平面のお雛様が多く飾られております。
       天鷺村は御田の方の資料としても有名ですので是非こちらもご覧になってみてください。

岩城地域  .png.png

       最後に大内地域は秋田市の八橋土人形(やばせつちにんぎょう)というお雛様が
       多く展示されております。
       お雛様の表情がとても豊かで、色彩も他のお雛様と比べると鮮やかで
       見ていて面白いものです。


パンフレットを基にお話を伺っていたところ、私が気になったのがこちら!
本荘地域の『御殿雛』

本荘地域 御殿雛.png

名前の通り、ミニチュアの御殿の中にお雛様が飾られて豪華絢爛!!
京都御所の「紫宸殿(ししんでん)」を模して作られた御殿雛。
北前船の寄港地であった本荘藩には、沢山の上方文化がもたらされ、
本荘藩主や豪商のお雛様が多く残るそうです。

佐々木さん:間近で見ると、とても小さくて作りが細かいので素晴らしいですよ!


◆開催期間中は、飲食店で「ひなメニュー」を頂くことが出来るそうですね!?
どんなメニューがあるのか教えて下さい。

佐々木さん:由利本荘市の食材を使った「ひな御膳」を提供致します。
       
16-3-3-tirasizushi.jpg
       「ひな街道」の旅のお供になりそうなお弁当を提供しているお店もございます!
      
16-3-3-bentou.PNG

       写真は今年のメニュー例ですが、
       昨年は秋田由利牛を使ったローストビーフがのってある「ひな御膳」や、
       お雛様のメニューとして定番のハマグリのお吸い物などもあり、
       私も毎年楽しみにしております!
       是非、召し上がって頂きたいです!


◆さらに、来週12日(土)からは「町中ひなめぐり」が開催されるということですが?

佐々木さん:3月12日(土)から21日(月)まで「町中ひなめぐり」を開催 致します。
       この期間は市内の各地域の商店や個人宅で所有するお雛様を見学することが出来ます。
       期間中は市内保育園の園児たちが手作りしたお雛様や、
       地元の小学生による呈茶の接待など様々なイベントが開催されます。
       また、13日(日)は、文化交流館「カダーレ」で『本荘ひなまつり』を開催致します。
       こちらでは、子供向けのワークショップや紙芝居読み聞かせ、
       お雛様に因んだお菓子作り教室も開催致します。


◆最後にラジオをお聴きの皆さんにメッセージをお願いします!

佐々木さん:由利本荘ひな街道は、歴史あるお雛様や、各家庭で大切にされてきたお雛様などを
       一堂に見ることが出来る、非常に春らしく、
       大人から子供まで楽しめるイベントでございます。
       白石市をはじめ、宮城県内の皆様にも是非、
       秋田県由利本荘市の雅なお雛様をご覧にお越し下さい。


ご紹介して頂いたイベントは、
由利本荘市観光協会のホームページに詳しく掲載されています。
各地域の営業時間・入館料・アクセス方法などはコチラををチェック⇒http://www.yurihonjo-kanko.jp/special/hina////index.html 

*・~*~・*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・*~・~*~・~*~・~*~・~*

≪由利本荘市から素敵なプレゼント≫16-3-3-akita-purezento.JPG

◇本荘銘菓もろこし
 「ごてんまりの里」
◇本荘ごてんまりキーホルダー
◇本荘町中ひなめぐり
 オリジナル手拭い2枚セット

以上の3点をセットで
3名にプレゼント!!

プレゼント希望の方は、
住所・氏名・電話番号・
番組の感想を明記の上、
番組アドレス sy@datefm.co.jp
FAX 022-711-9555 までご応募下さい。
番組終了まで受付ます!


番組へのメッセージはこちら

Copyright © Sendai FM BROADCASTING, INC.ALL Rights Reserved.