Date fm

  • HOME

白石よござりす月曜日 12:00~12:55

トップに戻る

川干(かわひ)ってご存知ですか?

ここ最近、雨が多くなって気温の変化が激しくなってきましたね。
服装に困り気味な男、佐久間です(=ω=;)

先日、9月29日(土)に白石市の街中を流れる沢端川にて、『沢端川 秋季川干し清掃活動(通称:川干)』が行われました!
『川干』とは、川の水をせき止めて水が少ない状態にし、川にいるコイを生け簀(いけす)に移動してから水路の清掃を
することです!

今回はなんと、小雨が降っているにも関わらず360名のボランティアの方が参加いたしました!!
集合写真.JPG
白石市では毎年、3月(春期)と9月(秋期)で2回行われているのです!
今回、参加団体の一つであるボーイスカウト白石第一団、団員長 佐藤治雄さんにお話をお伺いしました!!
佐藤さんは、この川干に17年も参加している方なんですΣ( ̄Д ̄)
この日は佐藤さんのお手伝いをする形での参加となりました!


鯉を掬う様子.JPG実はこの沢端川、たくさんのコイが泳いでいるんですが・・・もちろん、川の水を少なくしたらコイは生きられません。
なので、この時だけ生け簀に移し、コイを避難させます。この作業が、とても骨の折れる作業でして、なんと川に住むコイは130匹!
これを全部網で掬って捕まえるのは、かなりの重労働です。
それでも嬉々として捕まえている女性を見て驚きました(笑)

捕まえたコイは、大きなポリバケツに入れて軽トラックで生け簀まで運びます。
ポリバケツに入れる際もコイは暴れてしまい、時々跳ね上がるように逃げてしまう場面もありました。
ボーイスカウトの子ども達は嫌な顔こそするものの、ちゃんと拾ってポリバケツに入れていました。決して辞めたりせずに一生懸命仕事に取り組んでいましたよ。
作業中は全く気にならなかったんですが、今見返してみるとポリバケツに入れられているコイの姿は、なかなかショッキングな光景でした( ̄▽ ̄;)

生け簀では入れる際にカウントして取り残しが無いか、いなくなっていないかをチェックしていました。
いなくなる原因としては、下流に流れてしまって消息がつかめなくなる場合が多いようです。以前はコイにいたずらしたり
盗んでいってしまう心無い方もいたようです。絶対にやめて欲しいと、佐藤さんも仰っていました。

毎年、多くの方が参加している沢端川の川干し清掃活動。通称、川干。
この活動があるからこそ、沢端川はいつもキレイなんですね。これからも、白石の街中を流れる清流の代名詞として、市民の方々や観光で訪れる皆様に愛されている川であって欲しいですね!

沢端川を眺めるのにオススメなのは、白石城近くにある武家屋敷の周辺です!川がキレイなのはもちろんのこと、景色とせせらぎが相まって最高なんです!!
一見の価値はありますよ~♪
鬼小十郎まつりで白石までお越しの際には、是非ともご覧ください!


さて、この取材にて僕の取材は最後となります。
改めて、自分の故郷である白石がどれだけ素晴らしいかを痛感しました。
僕は白石に生まれたことを誇りに思います。
とある方が「白石の究極の魅力は"住めば分かる"。」と仰っていました。
それほど素敵な街、白石。皆様も是非、お越しください。

短い間でしたが、応援してくださった方々、いままでどうも有り難うございました。

それでは、これにて御免!!

平成の似非サムライ 佐久間光