3月26日はパープルデー

100人1人がてんかん。
パープルデーをきっかけに、
あなたも“てんかん”について
一緒に考えてみませんか。

パープルデーとは

パープルデー=紫色の日は、ノバスコシア州(EANS)のてんかん協会の支援を受けて、ノバスコシア州のてんかん患者であるカナダの9歳の少女キャシディ・ミーガンさんによって、2008年に設立されました。

キャシディさんは、てんかんという病気について世界中のより多くの人に知ってもらうため、また、てんかんであるために差別や孤独を感じている人たちの状況を少しでも改善するために、てんかんのための国際的な色として、ラベンダーの紫を選びました。

3月26日を記念日とし、紫色のものを身につけててんかんという病気への理解を深めてんかんの患者への支援を表明するというこの運動は世界各地で共感を呼び、年々広がりを見せています。

100人1人がてんかん。パープルデーをきっかけに、あなたもてんかんについて一緒に考えてみませんか。

てんかんとは

てんかんは、脳の興奮(=発作)をくり返す疾患です。有病率は約1%で、日本の患者数は100万をこえます。
最新治療で、多くの患者さんは普通の生活を送れます。
(東北大学病院てんかん科Webサイトより)http://www.epilepsy.med.tohoku.ac.jp/

お知らせ

てんかん啓発ラジオ番組放送へのクラウドファンディング実施中!

皆様からのご支援・応援メッセージお待ちしております。

イベント

★宮城パープルデー「知って安心、てんかんと就労」

3月26日はパープルデー。てんかんへの誤解と偏見を取り除くための国際的な啓発活動の日です。
今年は、3月21日(土)にウエブからのONLINE生配信イベントを開催いたしました。

Date fmとパープルデー

Date fm(エフエム仙台)では、東日本大震災後、約5か月にわたって東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏による「知って安心 身近な病気てんかん」という番組を放送しました。

てんかんという病気への誤解や偏見から、避難生活に困難を感じている患者への情報提供と、周囲の人々への病気への理解を促すための放送でした。これをきっかけに、エフエム仙台では、折に触れて放送上で「てんかん」という病気の啓蒙を行ってきました。

その後、3月26日のパープルデーを中心に、東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏や藤川真由助教が番組に出演してんかんについてお話いただいたり、てんかんについての特別番組「Out of the Shadow 100万人の病気“てんかん”~あなたはひとりじゃない~」(2015年8月30日20:00~20:55)を放送。

パープルデーにはパーソナリティ、スタッフが紫色のものを身に着けての生放送やDate fm公式Webサイトを紫色のリボンで装飾するなどを実施してきました。

パープルデーについてはこちら⇒全国パープルデー実行委員会

パープルデー Date fm

2015年パープルデーのDate fmの取り組み(紫色のものを身に着けて)

2015年7月4日 キャシディー・ミーガンさんをむかえての仙台でのパープルデーイベント @せんだいメディアテーク

ページTOPへ