Date fm

e-PLANETS

【ON AIR】 MON-THU 11:30-12:55 / 【DJ】 石垣のりこ / 【MESSAGE】 epl@datefm.co.jp
話題のアイテム、買い物情報、気になるデータなど番組が注目する情報を平日のランチタイムに発信する<Date fm>プログラム、<e-PLANETS>のウェブページ。

  • バックナンバー一覧
  • top

daily_word

今回のピックアップワードは…「認」

寿司、天ぷら、すき焼き、牛丼、うどん、懐石料理などなど…現在、世界的に人気となっている「日本食」。例えば、フランス・パリではブームに便乗して、中華やベトナムなどのアジア料理から日本料理に転化したレストランも多く、料理人に日本料理の経験がないのにも関わらず、寿司や天ぷら、焼き鳥を作らせた結果、"値段は通常の日本人経営レストランに比べて3割~5割安だけど、力任せに握った寿司、衣がふやけた天ぷら、甘いだけの焼き鳥"…と、本物の日本食とは似ても似つかない代物になるケースが多くなっているそうです。
そんな状況を少しでも抑制しようということで、農林水産省は、2007年度から海外で正しい日本食メニューを出す料理店への認証制度を計画していましたが、先日それを一転し、統一の基準を設けず、政府が"お墨付き"を与える形もやめ、判断を民間組織に委ねる方針を決めました。
農林水産省から委託された有識者会議では、今回の決定に関して、"日本食の定義付けは難しいため"と理由づけしていますが、「現地の好みに適応した日本食もある」や「政府の判断を押し付けるべきではない」という国内外の反発を受けて、当初の構想から大幅に後退したのが現状のようです。

さて、この「認」という漢字は、"ごんべん"と「忍」という字で構成されています。この場合、「忍」はゆるすという意味で使われていますので、「認」という字が"言葉を承知すること"つまり"みとめる"ことを表わすようになったと言われています。

「認」という文字が使われている熟語・言葉は、たくさんありますね。

例えば…
■対象が存在することをみとめ知ることをいう「認識」
■みとめて許可することを表わす「認可」「認証」「認容」
■はっきりみとめることを表わす「確認」
■もっともだとみとめること、聞き入れることをいう「承認」
■現場にいて実際の様子を確認することを表わす「現認」
…他に、「認知」「認定」「誤認」「黙認」「認定」「認否」「認め印」「公認の仲」などもあります。

では、今回はこの「認」をテーマにした名言・格言です。

☆『人を目標に向かわせるパワーは、自分はそれを達成できるという認識から発生する』/ジェームズ・アレン

☆『「欲求」の根底にあるのは"自己を誰かに認めてもらいたい"という感覚だ』/マズロー

☆『僕はベストセラーを必ず読みます。ベストセラーには、売れた理由が必ずあるからです。そして、それは自分に無かったものが多い。二番煎じを考えるのではなく、自分に無かったものを素直に認めることが、次のステップにつながるからです』/秋元康

☆『成功を"続ける"ことに比べれば、成功"する"ことは容易である。成功を続けるためには、失敗という名の地雷が埋まった地域を歩いていかねばならないからだ。しかし、自分の間違いを認めることさえできれば、失敗や間違いからは実に多くの教訓を学ぶことができる』/ジョン・オニール

☆『自分を変えるには、まず、今の自分を認めること』/及川光博

☆『自立は大切です。でも、それは心の自立。"かけがえのない存在である"と自分のことを認めること。他人の助けを借りないことではありません。人間は一人よりも支え合って大きな成果を生むのですから』/テノール歌手 新垣勉


『認めるハードルが高い程  生きるのは窮屈になり、
  低すぎれば堕落する。』/石垣のりこ


"人"が放つ"言葉"…その言葉が持つ意味が深ければ深いほど、インパクトが強ければ強いほど、名言・格言となって残ります。喜怒哀楽どんな感情が込められていても、どんなに短くても、そんな言葉を残せる人…それが「人言"ひとこと"マスター」。

今回は、皆さんにとってグッとくる名言はありましたか?

投稿者 : 番組スタッフ | 投稿日 : 2007年03月21日

★トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datefm.jp/cgi-bin/mt322/mt-tb.cgi/1277

記事の先頭へ戻る

★メッセージ

記事の先頭へ戻る

★メッセージを投稿する

いままで<e-PLANETS>ウェブページ内で投稿したことがないときは、メッセージを表示する前に番組スタッフの承認が必要になることがあります。承認されるまではメッセージは表示されません。そのときはしばらく待ってくださいね。





記事の先頭へ戻る

  • バックナンバー一覧
  • top