Date fm

←トップに戻る

GUEST

  • ・03月08日OA Caravan
  • ・03月29日OA 荒吐親善大使:堂島孝平、荒吐プロジェクト:菅昌良
  • ・04月05日OA アラバキ親善大使:堂島孝平、JUN SKY WALKER(S)宮田和弥、荒吐プロジェクト:菅昌良
  • ・04月12日OA アラバキ親善大使:堂島孝平、JUN SKY WALKER(S)宮田和弥、荒吐プロジェクト:菅昌良

ARABAKI MEMORIES

<角田哲也>

担当番組
:Mega Rocks、HIGH VOLTAGE、SHAKE BEATS~清春と愉快な仙台仲間達
荒吐参戦暦
:2003年(多賀城開催)から

思い起こせばアラバキと言うフェスティバルの何たるかも朧気で、ただお祭り騒ぎに乗じていた自分が、その後会場で公録をするなどとは夢にも思わなかった2003年。
まさに、アクセルがタイフーンシェルターと化した宵祭2004年。歓声が砂塵と共に巻き上がる2005年。そして翌年から会場は、みちのくの“ザイオン”エコキャンプへ…。
右肩下がりの僕の人生とは裏腹に、我等がARABAKI ROCK FEST.は瞬く間にその規模も知名度も大きく広がり、今年10回目を迎える運びとなったわけですが―…。
その中でも印象深い年と言えば、やっぱり過酷な天候の中開催された昨2009年。
それまでのARABAKI FEST.はほとんどの年がお天気に恵まれていたわけですが、昨年はまるで、何か山神さまの逆鱗に触れてしまったかのような荒天…豪雨、風、そして寒さ…。
我々のロックスピリッツを試すかのような気象状況下。疲労した身体と心はいつしか、無駄な事を考えることを止め、ただ目の前にある音楽だけを受け止める…。
そう、いわば修験者が苛烈な修行を極めて悟りを開いた時のような、そんな明鏡止水のような気持ちで合掌しながらライブを観ておりました。
去年も何かのレポートに書いたような気もしますが、伝説となるイベントは厳しい気候の洗礼をうけなければ、伝説となり得ない!…と、個人的に勝手にそう思ってます。
某部族が成人として認められる為にバンジージャンプをするが如く、ARABAKIも山神さまの洗礼をうけて迎える10年目の今年。
フェスとしても、参加するアーティスト、そして我々オーディエンスにも、大なり小なりの新たな伝説の幕開けになるであろうと、ドキドキしています。